お知らせ

「新装版 日系アメリカ人のエスニシティ——強制収容と補償運動による変遷」が、読者による復刊リクエストにより東大出版会から刊行されました。
2017年8月14日にモントリオール国際会議場で開催されるアメリカ社会学会年次大会で報告をします。

セッション:What You See is What You Get? New Thinking on Race and the Visual
報告タイトルは “Racializing ‘Invisible’ Minorities in Japan: A Step Beyond the Trans-Atlantic Paradigm” です。
アメリカ社会学会2017年度年次大会の詳細はこちら

2017年8月5-6日に、ワシントン大学人類学部と共催で”50 years of Contributions to the Ethnography of China and the World”を開催します

また、以下のタイトルの個人発表も行います。
“75 years later: Assessing Present-day Implications of WWII Japanese American Incarceration and it’s Redress Born in Seattle”

関連リンク

  • 京都大学
  • 京都大学人文科学研究所
  • 京都大学オープンコースウェア